消費者金融借入

 

消費者金融での借入について

 

消費者金融とは

現在日本では、10人に1人が消費者金融で借入をしたことがあると言われていて、その対応の早さや柔軟性を魅力にさらに利用する人は増えていくと言われています。
それではその消費者金融とは、そもそもどういったものなのかをここでは解説していきたいと思います。
消費者金融は貸金業法を基に営業されていて、国への登録が必要になります。その目的は金融商品を扱うことで、主に個人向けの金銭の融資を行っています。
商品内容も豊富で、個人への小口融資を主としていますが、目的別のローンやクレジットカード会社と提携したカードを発行したりもしています。
また、俗に言う「サラ金」と呼ばれる呼称はサラリーマンをターゲットにした商品を扱っていることから、利用者の多くがサラリーマンだったことでつけられたもので、現在はアルバイトやパート、主婦まで幅広い層から利用されていることもあり、徐々にサラ金という呼称は聞かれなくなっています。
また、サラ金と呼ばれていたころのネガティブなイメージを払拭するためにタレントを起用したクリーンなイメージの宣伝を積極的に行い、現在テレビCMなどで見ない日はないと言えます。
さらに、新たに貸金業法の設立によっていわゆるグレーゾーン金利の撤廃や、総量規制による貸し付けの基準ができたことにより、審査や条件も厳格化してきていると言われていて、安易な貸し付けが減ってきたことによりそのイメージも依然と比べてネガティブなイメージを持つ人は少なくなってきていると言えるでしょう。

 

消費者金融の特徴

消費者金融を利用する人は、その際にどのようなことを求めて利用するでしょうか。そこには消費者金融に対する消費者のイメージもあると思いますが、その特徴も色濃く反映されていると言えると思います。
一般的なイメージとして対応が早い、つまり申し込みから借入までの流れが非常にスムーズであるという印象が持たれていると思います。そして、その印象通り、消費者金融の特徴はその対応の早さにあります。
時間がない人やできるだけ急いでお金を必要としている人のほとんどが消費者金融を利用するのは、そのイメージが実際に利用した時にその通りになっているからだとも言えますし、消費者金融側も早さを売りに宣伝しているところは非常に多いからです。
また、利用できる人の層も広くアルバイトやパートの場合であっても、安定した収入があれば利用可能であったり、対応の早さだけではなく、その柔軟性にも特徴があると言えるでしょう。
こういった特徴を大きく宣伝して、実際に宣伝通りに対応することで消費者金融は早く借入を行うことができるというイメージが消費者の中でも定着してきて、その結果利用しやすいというイメージも一緒に持たれるようになっていると思います。
また、CMなどでポジティブなイメージを与えることにも成功していて、今や気軽に利用できるものとして認知されていると言えると思います。
最近ではインターネットによって返済シミュレーションなども行えるようになっているなど、その特徴はまだまだ増えていくと思います。

 

消費者金融の利用

多くの消費者によって利用されている消費者金融ですが、その利用の仕方はどのようにするのでしょうか。ここでは、借入までの方法を少し説明していきたいと思います。
まず借入の申し込みですが、これは何パターンか種類があり、店舗へ直接出向く場合や無人契約機での申し込み、また最近ではインターネットのサイトから申し込みが可能となっています。
そして申し込みを行うわけですが、これは消費者金融側が用意した申し込み用紙、サイトの場合は申し込み記入欄に自分の情報を詳しく記して提出します。その際に身分証明書や収入証明などの求められた書類も一緒に提出します。それが終わったらすぐに審査へと移り結果を待ちます。そして、借入が可能だと判断されればすぐにカードが発行されて使用できる状態になります。
このように実に簡単な流れで利用することが可能です。また、インターネットや無人契約機で借入を行った場合などは、消費者金融の社員と実際に顔を合わせることなく契約〜完済まで済ませてしまうケースも少なくはありません。
実に簡単な流れで契約できてしまいますから、借金をしている感覚が薄れてしまうかもしれませんが、その返済計画や使い道は消費者側がきちんと考えて行動しなければなりませんし、安易に次の借入をすることで多重債務の危険も出てきますから、利用の際は自分自身でしっかり管理することが大切です。

 

消費者金融の審査

消費者金融の審査には、様々な憶測が飛び交っているのが現状でインターネットの比較サイトなどを見ても、審査について様々なことが書かれています。
消費者にとって借入を行う時にもっとも気になるのが審査だと思いますから、こういったことが話題になるのは当たり前なのかもしれませんが、実情をきちんと理解することも大切だと言えます。
貸金業法の設立前は、消費者金融が独自の審査基準を設けて貸し付けをしていたことは確かにあります。またグレーゾーン金利と呼ばれる出資法と、利息制限法の解釈の曖昧さを利用した金利設定がされていたのも事実ですから、審査自体もわりと業者ごとに基準を設けることもできたと思います。
しかし、総量規制やグレーゾーン撤廃という貸金業者を規制する法律が出てきてからは、審査基準はどこの消費者金融もそこまで変わりはないと言えると思います。
その理由として、グレーゾーン撤廃により金利が一定化されつつある傾向があるというのと、総量規制によって収入の3分の1までしか貸し付けができないという明確な基準を法律として定めた為にそれを超える貸し付けができないからです。
このように、貸し出しに制限をかけたことによって審査の基準も他社との大きな比較を出せるほど独自なものができるとは考えにくいですし、消費者金融側にもメリットは少ないでしょう。
それよりも現在はどちらかといえば安易な貸し付けを行わないように、審査も厳格化している傾向にあると言えると思います。